桜さく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

合同トレーニング

今年2回目のトレーニングの日。。。。。
朝まだ暗い中起きてカイザーを犬舎に戻してトイレさせる。
まだ眠い顔のカイザーはなんで今日は早いのと言う顔で見上げている。
短足犬も急いでトイレさせて少し早く食事をあげる。
アールに声掛けて寝床に見に入ると、眠そうなアールが居た。
狭山湖まで朝の渋滞があるので少しでも早く出発しないと遅刻になってしまう。
眠そうなアールを乗せて出発。
やっぱり渋滞、渋滞がなさそうな道を選ぶ。

無事到着、もうエース君が来ていた。
そのうちベリー君、ブルース君、先生も到着。
今日のレッスンは手前のところではなく橋を渡った広場でやる事になった。
公園なので散歩の人や犬も多い。
そんな事に気を散らさずにトレーニングに集中させるのが課題。
全員並んでの先生の言葉に横に整列して犬達を停座させて名前呼んで
アイコンタクトをとる。
アールはいつもの顔つきで見上げてくれた。
4頭全員が一緒に脚側行進、前に。。。横に。。。


kunn3-3.jpg



次は4頭のうち2頭がロングリードにて脚側行進する。少し緊張。。。
犬の散歩の人が来ませんように、アールが飛んで行きません様に。。。
と思っていたのは自分だけではなかった様に感じました。
4頭行進は前進は横に並んで行き合図で左に縦に行進してきれいな列になっていなければダメなのに自分の犬を気にして行進してきれいな列は初めの前進だけだった。
皆真剣な顔して。。。。
2頭ずつロングリードでの行進が終り、今度は2頭ずつの招呼に。。。

エース君とアールがロングリードにて招呼始める。

kunn6-6.jpg



kunn15-15.jpg




kunn7-7.jpg



撮って頂いた写真で見る限りきちんとアールは招呼出来たわけではなかった。

 停座にて待てと指示してその場から離れて歩き始めるてすぐに後ろを振り帰るとアールは立ていた、NO!!と言って座れの指示。
また同じに待てして離れて後ろを振り返るとまたアールは立っていた。
何回か続いた、だるまさんが転んだ。。。状態。
最後にアールに一喝!
やっと待てが出来て「来い!」の指示でアールは突進して来た。
まるでイノシシか?まっしぐら!。。。。真っ直ぐ来たアールは元気一杯私に・・・・・・・・ウッ痛い倒れそうになるが堪えた。
2回目は前に座ってくれた。

次はブルース君とベリー君がロングリードで招呼する。

kunn10-10.jpg



次は組み合わせ変えてベリー君とアールがロングリードにて招呼をやる事になる。すごく不安な気持ち。。。。


kunn17-17.jpg

  
離れた所からの指示をする。2頭並んで停座から立て!
2頭立ってこちらを見ていたが。。。
アールは隣のベリー君を見る?「ねえ~」と声掛けたかと思うとアールはすぐにベリー君の側に走る寄る。
やっぱり。。。だね。
急いで飛んで行きNO!!!と叱る。
いつものアールだと嬉しそうに駆け回るが今日はスミマセンと言う顔した。そして側に来てくれた。ホットした。
離れた所からの遠隔指示は集中していないと脱線してしまう。
私が指示していないのにベリーさんの指示で飛んで来たり。。。。
アールはベリー君がかなり気になる存在の様だ。
前回はブルース君を気にしていたが。

次は並んで伏臥させてロングリードで人は離れて待ての指示。
休止の練習。
1頭ずつ側でダンベルのトレーニングする。
ダンベルには集中するアールだったが待てしてダンベル投げるとそのままアールもダンベルのところに。。。。
いつもだとダンベル咥えて戻って来るのに側に来ても横にスルーした。
何回かしてくれたが一喝したら、なにきちんとやれるじゃん。
額から汗感じる。

kunn16-16.jpg



  *今回もベリーさんより写真頂ました。(感謝!)

 今日のトレーニングは冷たい風があり寒かった。寒いと肩もこるが何よりロングリードを使いトレーニングでどれだけ良い関係が出来ているか分かる。うちのアールはまだまだ。
気が散るし隣にお誘いモードの合図を送ったり。。。。
ただ公園に散歩に来ている人や犬にはあまり気が散る事はなかった。
あ~また次まで頑張る事が多くなったと。。。。。駐車場に戻りながら考えながら歩くアールと私。
一緒に並んで歩くアールは何考えているのだろう?
合同トレーニング参加している仲間の意識は高い。一緒にやっていてそれを感じる。
競技会に出る為とかではなく訓練をやる事で毎日の生活にも通じるものを感じる。
犬の意欲を出させて指示にきちんと従う関係は絆の深さが大切だと思う。絆は甘やかせるだけでは出来ない。
飼い主を心底認めさせどんな事にも耐え抜き喜びを分かち合うもの。
誉めるとメチャメチャ大喜びのアールの性格は良いと感じる時大変だと感じる時もある。

 
arumama.jpg


   *写真はeveさんより (感謝!)

スポンサーサイト
  1. 2007/01/23(火) 02:33:36|
  2. 未分類

プロフィール

Author:pakira820
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。