桜さく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月に。。。。

秋風。。。かと思えば、夏に戻った?とくり返しの9月でしたが

10月になってました。

HP開設してからほのぼの日記を書いていました。
毎日必死で。。。パソコン初心者でネットの通信状態悪くて何がなんだか分からない自分でした。

やっと書き終えて。。。更新!!が?
今書いたのは?
書いたもの探すことも出来ずに何時間もかかり、最後は文章をメモしてから更新したりの日々

時代は。。。ネットで買い物している私達になりました。

ほのぼの日記に書いていた内容と重複するかと思いますが

今は亡きカイザーとの思い出をたまに書こうかと。。。
今日1日は命日。

200998a.jpg

カイザーは群馬の叔父の所で産まれました。

実はカイザーはⅡでカイザーⅠがいました。
仔犬が産まれて少し大きくなった頃にどれが良いか決めました。
中で一番顔の良い子にしました。

それがカイザーⅠでした。
ドーベルマンは顔が命だと叔父の教えでしたのでよく見てこれと決めて育て始めました。

断耳に立ち会った叔父がカイザーⅠを見て構成で気になる所、胸。
これならまだ残している子達が良いぞと言われカイザーⅡを連れて帰りました。
カイザーⅠは叔父の紹介で知り合いの所に行きました。

カイザーⅠを選んだ後に怖いウィルスに残っていた仔犬全員かかりました。
叔父は寝ずに必死に看病しました。
当時はワクチンも確立されていませんでした。
かかれば全滅が普通でした。
でも全員回復させた叔父でした。
この助かった仔犬達の中にカイザーⅡはいました。

カイザーⅠの子は普通に甘噛して痛かったですが
カイザーⅡは全く甘噛なくそれにイタズラもほとんどなかったと記憶しています。
むしろカイザーⅡは人間に対して絶対の信頼をすでに持っていました。
それは叔父が寝ずに添い寝して看護したのを離乳していた頃でしたから
記憶に残っていたのかと。。。勝手に判断しました。

気の優しい牡のドーベルマンでした。
それは色々な事で確認出来ました。

スポンサーサイト
  1. 2009/10/01(木) 12:44:12|
  2. 未分類

プロフィール

pakira820

Author:pakira820
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。