桜さく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レジェンが来てからの2年。。。そして。。。。

6月1日はカイザーの命日でした。

もう1年たったとは思えませんでした。

振り返るとカイザーが立って嬉しそうにこちらを見ているのが思い出されます。



5月16日に断耳して1週間ほどで抜糸して傷が治ったら耳立。
何度も経験している事。

でも今回は耳立後外れたら私がひとりで貼り直す。
殆ど主人の役目と思って来たから耳立を真剣に改めて確認した。



手術は無事に終わり。。。。
次の日主人は起き上がり検査。
手術は成功でした。

経過が良いので24日に退院出来ました。
でも退院後は次の検査まで家では安静でした。

入院から退院して主人は3週間安静の日々。
私は犬達の管理。

今思い出すと。。。。1日24時間が足りませんでした。
動いても動いてもあっと言う間の1日でした。
汗はこんなに出るかと思うほど。。。。

3週間後に病院で検査をしました。
主治医からもう普通の生活にして大丈夫ですの言葉にやっとほっと出来ました。

もうこれで何にも心配はない状態になれました。
長年ヘルニアの診断から専門医の所に行って違う病名が分かりました。
手術しかない。
この事は叔父には話しませんでした。
話していたら叔父は繁殖の夢を諦めていたでしょう。

犬舎でのあの笑顔。2009410a.jpg

ドベ仲間には一切話していないので叔父はこんな病人が繁殖やってるとは思っていないだろうなあ~
と満足そうに言っていました。

仔犬達もすくすく大きくなっていました。

目を細めて仔犬達を見たであろう叔父は居ません。。。。

大きくなったのを見てくれる叔父は居ません。

もう私達にドベのアドバイスしてくれる叔父はもう居ません。

難しい手術の成功を叔父は天国できっと見守っていたのだと思います。

叔父は主人の入院の何日か前に亡くなりました。

2年前に入院して手術した叔父は退院後元気に頑張っていました。
定期的な検査はしていましたが詳しい事は家族から聞きませんでした。

叔父の体調は昨年秋には。。。。

でも叔父は繁殖の夢を諦めずに前向きに考えていました。
夢を叶えてあげたい
それでどうなるか不安は一杯でした。

仔犬が産まれた時は神様は居るのだと思いました。

叔父の嬉しそうな顔。

でもすでに体は痛みに耐える毎日だったそうです。
犬舎では叔父は椅子に座って仔犬を見て叔母が世話していたそうです。
私が行くと叔父は普通に動いて世話していました。

頑固で我慢強い弱音を一切言わない叔父。

長年耳切りと耳立をより良いやり方を求めいつも心血を注いでいました。

今回の仔犬達もきっと手術に立ち会っていたでしょう。
でも叔父から断耳は立ち会えないから頼むと連絡がありました。
体の不調がかなりの所まで来ていると感じました。

手術の予約をして仔犬達を引き上げてからまもなく叔父はあれほど病院嫌いのはずなのに。。。
自ら病院に行き入院しました。

入院の前日電話での叔父はドベつくりについて話してくれました。
調子が良くなったら退院するつもりの叔父でした。

痛みが増して行く叔父に薬の投与で痛みを和らげる日々。


仔犬達の写真を撮りました。
叔父にその写真を見せたら目を輝かせて見ていました。
写真見ながらうなづいていました。
とっても満足そうでした。

痛み止めの薬もまして。。。。
行ってもうつらうつらしていました。
携帯で耳立した仔犬の写真を見せたら「ほっ~」と言って見入ていました。
私が帰る時に声掛けたら叔父は手を振ってくれました。
叔父との会話はそれが最後になりました。
その後叔父の携帯に写真送っても、もう携帯を持つ事も出来なかったそうです。

叔父の通夜でお経もすべて終わり最後にお坊さんよりお話がありました。

いつかは皆さん死にます。
故人の供養をきちんとするという事は生前故人がやっていた事を良く思い出して下さい。
故人がしていた良い事の意志を受け継ぐ事なのです。
そしてまた次に。。。と
そう言うことなのです。

その話を聞いて叔父が最後まで素晴らしいドベつくりを見せてくれました。
叔父の意志を継いで行くことなのだと思いました。

告別式には主人は出られませんでした。
その二日後に入院しました。











叔父の棺に牡の写真を入れました。
とっても気に入っていた子。200963aa1.jpg


叔父には呼び名を伝える事が出来ませんでした。

牡はフェイス(信頼)
牝はジュピターです。
zyupi1.jpgジュピター


どんな子に育っていくのか分かりません。

すでに牡は耳立は終わりました。
牝は少しはずして様子みています。


叔父の経験をこれからも活かせ素晴らしいドーベルマンに巡りあえる日を夢見て行きたいです。

叔父が口癖に言っていた「4年後のレジェンが見たい」

もう心配ない主人になったのでレジェンの管理を頑張って4歳のレジェンを叔父に見せる為に
仕上げをやりたいです。

フェイスがいる犬舎を掃除したあとにいつもフェイスを抱きしめると
叔父が犬舎で仔犬達を世話している姿や話し声が
「俺は仔犬見られてもう本望だ。。。」

目の前に映しだされいつもお泣きしていました。
やっと涙が止まり始めました。。。。。

気がつけば8月。。。。

主人は何日か前に職場復帰できました。

いつもと変わらない我が家の日々。
ただチビドベ2頭が増えただけ。。。。


スポンサーサイト
  1. 2009/07/30(木) 17:40:08|
  2. 未分類

プロフィール

pakira820

Author:pakira820
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。