桜さく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

皆と一緒

カイザーが倒れた状態からすぐにブログ書く事はとても出来なかった。
きっと書いていたら涙で画面が見えなくなって書けないと。。。
でもカイザーの生命力の強さから退院できたことは神様がいるのだと感じる。
カイザーが家に戻った時サブリナはいつもと違う目で見つめていた。心配そうないつもの元気なカイザーではない事とカイザーの臭いも違うから鼻を遠くなのにヒクヒクさせていた。
カイザーは寝床に入って横になって体を一杯に伸ばしていた。ここが一番だ。。。と言っている目。
19日間の入院ですっかり体力落ちているし、血液検査の値もあと少し低いので暫く安静。
寝床の入り口にサークルで閉めて出られないようにした。
カイザーは病院の食事時間になると寝床から吠える。
食欲は旺盛で良く食べてくれる。

倒れた時からいつかは別れが来るのだから。。。と割り切っているようで涙が止まりませんでした。
入院した時カイザーには「絶対家に帰れるからね、皆と一緒の家に絶対に帰るのよ」と行く度に言った。
カイザー良く頑張ってくれた。

いつもの生活が戻り他の子達の散歩の時にはカイザー寝床で吠えている、いつもの文句タラタラの吠えかただ。

ドベの仲間の方から温かいお見舞いの言葉など嬉しかった。
倒れた時にこれほど重いのか本当に実感した。大型犬の介護について考えさせられた。人間ひとりではなかなか移動できないのが分かった。今後の課題だひとりで車に乗せる事。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/30(火) 23:39:39|
  2. 未分類

プロフィール

pakira820

Author:pakira820
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。