桜さく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お帰り。。。。

サブリナの誕生日のブログはどうにか書けたが8日の朝犬舎の掃除に回っていた時にドサッ!と音が聞こえた。嫌な感じがした。
カイザーが倒れていたとても不自然な様子で抱き上げた時は大きく息をやっとしている。今まで看取った子達の最後の時と同じ。目をつぶるカイザーに出来る限りの声で呼んだ。涙が止まらなかった。カイザーの体を擦って見た。目に光が出てきた。カイザーは横になったまま。急いで寝床にある毛布を引っ張ってカイザーの頭の下に入れた。カイザーは静かに目を開いたまま。また目をつぶって欲しくないから出来るだけ話しかけていた。カイザーを抱いて動かそうとしたが重くて出来なかった。
暫くしてカイザーに何か食べる?と言うと反応した。急いで家に戻り牛乳を食器に入れてカステラも持って戻るとカイザーは上半身起こして何?と気にした。牛乳とカステラを食べてくれた。それからカイザーに家に入る?と言うとカイザーは横になったままで前足でお手をした。
家に戻り寝かせる用意してカイザーのところに戻り家に入ろうと私が言うとカイザーはその言葉を聞いてあっと言う間に立ち上がり犬舎から出て歩いている。私は後を追って側に行くとカイザーはパタ~ンと倒れた。瞬間カイザーの体を受け止めた。また意識がなくなりそうになる。
私はまだ帰る時間でもない主人が帰るとカイザーに「お父さんが帰ってくるよ」と言うと必死にカイザーの目が何かを探している。
カイザーを抱いているが抱き上げられない。なんて重いの。。。。抱けない犬なんてなんで飼うの。。と心の中で叫んでいた。カイザーを移動できなくて涙がカイザーの顔に。。。。
小石の上で可哀想なのでタオルケットを必死で体の下に入れた。主人が戻る時間は30分くらいあったがものすごく長く感じた。
カイザーにお父さん帰って来たよ、と言うとカイザーはしっかり主人を見上げた。主人に抱かれ家に入り寝かせた。横たわるカイザーは話しかけるとハイとお手する。カイザーの呼吸は弱く体は冷たくなっている。
そのうちカイザーは苦しそうにして吐血した。それから少しして下血も。。。。もうこれで終りなの。。。。
主人は「カイザー大丈夫だから先生の所に行こう、治してもらおうね」とカイザーを車に乗せた。吐血、下血からかなりのダメージで輸血が必要かもしれないとクリスを一緒に乗せた。車の後ろに私がカイザーを抱きしめ少しでも揺れないようにしていた。仔犬のと時からかかっている病院、カイザーの体質も良く知っている病院いつの道のりが何倍も感じた。病院について状態を話すとすぐに診察台に乗せた。今までの経緯を話すと先生はカイザーの口の中を見た。口の中は血の気は全くなく舌までも白くなっていた。先生は申し訳ないけどダメかも知れませんとその場で言った。私が少し最近気になっていた事を先生に話した。レーザー治療を受けに行って非ステロイドの薬をもらっているが飲み始めた頃から便の色が黒くなって来たと。かかりつけの病院ではレーザー治療はしてはないので他に治療に行っているが食欲もあり元気にしているので便の色の事は聞くことを後延ばしにしていた。先生は非ステロイドでまれに消化器系で出血起こす事があると聞きますがもしかしてそれかも。。。
すぐに血液検査の結果はものすごく低い値だった。あと少しで死んでいると。急に免疫不全で出血起こすがカイザーの吐血の色はかなり黒い方の血の色だから違う。先生にクリスを連れて来ているのでどうにか輸血は出来ないか聞くと。1回だけなら血液型検査しなくても輸血は有効で消化器系の出血を止める事もあると先生は説明した。カイザーは隣の手術台に移動して点滴を始める。私が側にいるがカイザーは必死でお手をする。何を言いたいのか。。。
クリスが診察室に入って来た。クリスはカイザーを探して開いているドアからものすごく不安そうなクリスはそ~と覗いた今まで見た事ないクリスの顔だった。
クリスから血を取りすぐにカイザーに。。。。側にいる私はただ神様に祈るだけだった。カイザーはそのまま入院させた。いつでも連絡できるようにと携帯番号を教えた。家に戻った夫婦はただため息だけ。。。
様態が変れば連絡がくるかと枕元に携帯を置いて寝た。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/08(月) 00:00:00|
  2. 未分類

プロフィール

pakira820

Author:pakira820
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。