桜さく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あつい日。。。。

あの3月の大雨の競技会を今は遠い昔に感じます。。。。

4月の初めに目を悪くして散歩やトレーニングを医者から止められていました。

3月の競技会の後1度合同トレーニングに狭山湖に行った時に6月の競技会の話を私は他人事の様に感じていました。
出陳する気はなかったので。。。

暑さに弱いアールには無理と思っていました。

アールは私が車で出掛けるのを犬舎からじ~と見つめる時がありました。
一緒にトレーニングに出掛けるのか?と見ているのか。
行けないからねと心の中でつぶやく事が多かった。
眼科の指示に従っていたが散歩すら行けない事にストレスを感じた。
ストレスは良くないのでゆっくり歩いて少しだけなら。。。と

トレーニング止められていたのが辛かったが脚側行進の指示を出して
ひたすらアールと歩いた。
誉めると飛び付くので家に戻るまで何も言わずに脚側行進していた。

私とアールの絆の太さや長さは? 
細く長く感じている。

どこまでやれるか分からないがその絆を確かめる為に
競技会に出ようか。。。と考え始めた。
競技会の日に主人は仕事だったが休みが取れた。


出陳の申し込みをお願いした。

前回の指示ミスを今回は絶対にクリアしたい。
だから今回もCDI。

眼科の指示がでたので急いでトレーニング開始した。
本当に時間が足りなかった。

新入りのレジェンはショーマナーを散歩の時に取り入れ始めたので益々時間が。。。。

3月末に合同トレーニングを受けてから久々6月5日に再開したトレーニングではCDIの競技会を中心にやったがアールの集中度は今ひとつだった。

大丈夫なのか。。。

競技会の同じ日にレジェンを主人がドックショーに出陳する事を決めた。
真夏は関東圏内にはショー開催がないので小さい時の大事な時に出来るだけ慣らすだけでも出したい。
で。。。。私は競技会に主人はドックショーに

競技会までに1回貸切ドックランで合同トレーニングをやった。
晴れて気温も上がりアールはかなり辛そうだった。
不安が過ぎった。。。

競技会の二日前に入梅入りの為に長靴を買いに行った。
その日の夜の天気予報は晴れに変わっていた。

少々ため息。。。。。


そして競技会。

同じに出陳する人と一緒に行く約束し早朝家に迎えに来てもらい私とアールは迎えの車に乗り込んだ。

夜中に主人とレジェンは出掛けていた。

私は栃木の会場には早く到着し出来た。

陸上競技場のトラックの中の芝生の所が競技審査される場所だった。

朝早くから太陽が顔出して気温はどんどん上がって来ていた。

出陳仲間も集まり今日は7頭出る。

私のゼッケン番号は453。

木陰でCDIを受ける4頭が少し先生とトレーニングする。
アール、ケンケン君リッチー君ベリー君。

アールは動きが良いのかハイテンションに近かった。
招呼してアールはきっちりと私の前で停座した。
今回は前停座を決めたかった。

審査受けるところで順番を暫く待った。
木陰のバリケンの中でアールを待たせていた。
犬無しで順番を待った。
順番が近くなりアールを連れて来て待った。前回よりはドキドキ感が少なかったが緊張していた。
いよいよ次。。。。また心の中で天国の父にお願いしていた。

アールとリンクの中に入る。
脚側行進、次は綱無しで同じに行進。
招呼。
「来い!」の私の指示でアールはいつもだと走って来るのだが。。。。。

アールはのんびり歩いて?来る。
やっと私の前に来た時にはアールは暑いと訴えている目だった。
前に座りそういにないので「あとへ」と指示した。
隣にきちんと座ってくれた。
この時点でかなり落ち込んだ。
残りの課目はクリアできてホットした。

終わってから審査員からの言葉は
「暑い中大変でしたね、普段は出来ていたと思います、早く犬を休ませてあげて下さい」
 どっと汗が流れるのを感じた。あ~~終わった!
 リンクから出て沢山アールを誉めた。
 
レッスン仲間でCDIIチャレンジの人も審査が終わり結果まで少しゆっく出来た。

車に少し荷物を運んで帰る用意をていた。
会場に戻ると仲間から2席に私が???
審査結果が張り出されていた。
人が多く見ていたのでなかなか側には行けなかった。
やっと見る事が出来た。

2席アール オブ ペガサスガルデン 47.8
あ~~アッタ!
ひぇ~あの内容で。。。。
自分としては不満足の競技内容だったのに。

暫く待ってから会場の放送で2席アールの名前と私の名前が聞こえた
アール連れて本部席前のお立ち台に。

2席の所にアールと立った。
隣に座っているアールは私を見上げていた。
なんだか胸が痛くなったのと心から嬉しさが湧いて来た。
お立ち台の前には仲間も。。。。
良かったね、とアールに声掛けた。
2席のリボンを頂きお立ち台降りてから仲間に写真を撮ってもらった。
やはり隣のアールは私を見上げていた、その顔はとっても嬉しそうに。。。
いつも顔に出さないクールなアールだったが私には嬉しそうに笑っている様に見えた。

短い期間で仕上げようと毎日練習していたが近づくに従い焦りも出たりしたが最後はボール遊びをして遊んだ。

トレーニングを始めた理由は競技会に出したいからではなかった。
日常生活での疑問や改善に何か繋がるのか?
アールとの絆を見え始めたが絆は細くて切れそうな感じだった。
でも自分の気持ちを変えて絆の手ごたえを感じた時にはアールとの距離を出来るだけ縮めた。
いつもあなたは耐えられるよ、出来るよと心で話し掛けていた。

日常生活での犬との関係を大切に考えています。
いくら競技会で成績が良くても飼い主との関わりの絆が出来ていなかったら?
成績だけでは良い犬とは?
いつでもどんな時も安定している犬が飼い主の隣にいるそれって当たり前の様で大変なのかも知れません。

アールはまだまだと感じています。

この日会場に来ていたお店で20メートルのロングリード買いました。
次回はCDIIチャレンジ。。。

暑い、熱い。。。日でした。

一緒の仲間の優しい応援や励ましは何より力が出ました。
こんな素敵なお仲間さんに感謝です。

この日レジェンはブリードでの触審、総合での触審クリア出来て良かったです。
ショーでの1歩はクリア出来ました。

*競技会での様子はベリー君のブログに写真出ています。
 ケンケン君の所にも。。。
 (ありがとう!)





スポンサーサイト
  1. 2007/06/24(日) 00:42:03|
  2. 未分類

プロフィール

pakira820

Author:pakira820
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。